三高一人デザイン事務所

archives_title woodbrain_studio_sp

FIRST EXIBITION

shinsaku_arakawa_woodbrain

push

WOODBRAIN studio オープンいっ発目の展示は
京都在住のフォトグラファー 荒川 晋作 の作品を中心に
WOODBRAINとのコラボレーションワークを
数点展示いたします

*

イントロダクション

ぼくらが出会うず~っと昔
六畳間に暮らしていた時から始まったスケートボードの在る生活
夢中でスケボーしまくった

そこから、荒川 晋作は写真、WOODBRAINは木版画、木彫と
自己表現の手法をみつけ、スケートボードとの新たな接点を模索していく
その描きの先に、お互いの作品を知り、邂逅し、二人展の開催に至る

今回の展示は、ぼくらの大好きなスケートボードとの、現在の関係性が
垣間見える内容となります

スケートボードにまつわることがいつも世界を拡げてくれた。
スケートボードを介した日々がたくさんのことを与えてくれた。

この出会いは新たなひとつ。

目には見えない、けれど在るもの。
なにも無いところに在るなにか。

会津若松と京都、遠く離れた土地で生まれ育ったもの同士が各々の六畳間
から育んできたもの。
 互いが生み出すものに宿るなにかを、少しだけ可視化する
機会かもしれません。

WOODBRAIN氏と共にする模索の旅のファーストプッシュ。
新たな門出に併せて、念願叶って開催です。

荒川 晋作

荒川 晋作 Shinsaku Arakawa

荒川 晋作 Shinsaku Arakawa

フォトグラファー 1983年京都府生まれ
2001年単身移り住んだ沖縄にて最も身近に在った
スケートボーダーの生活を撮ることからキャリアを始める
国内外問わず多くのスケートボード関連メディアに携わり
全国各地の路上での撮影現場を数多く経験
現在は京都を拠点に、全国各地への撮影の旅を日々重ねる
スケートボードを根底に持ちながら幅広い被写体と向き合う

shinsakuarakawa.com
WOODBRAIN

WOODBRAIN

1980年 会津若松生まれ
音楽とスケートボードに触発され、00年代初頭より
制作活動を始める
木版画、木彫を軸に作品を制作し、各地で個展を開催する傍ら
意気投合したアーティストへの額縁制作も行う

2016.5.1より会津若松市にて
グラフィックデザイナー barluo、
フォトグラファー 髙木 幻と共に
三髙一人デザイン事務所
セレクトショップ TARIKI
WOODBRAIN studio
を立ち上げる

mitakahitori.com
mitakahitori
TARIKI
WOODBRAIN